短期間のうちに何回もキャッシングにお申し込みすると

キャッシングにお申し込みすると審査が必ず実施されますが、落ちたからと言って短期間のうちに何回もお申し込みするとお申し込みブラックとなってしまいます。
1か月に3社以上お申し込みするとお申し込みブラックになると言われています。
お申し込みブラックになると、他社にお申し込みしても審査に落とされてしまいますので注意が必要です。
短期間のうちにお申し込みを繰り返す方はお金に困っており、審査を受けても落とされている場合が殆どです。
そういった方にお金を貸しても滞納されるリスクが高いと判断されるため審査に落ちてしまうのです。
キャッシングにお申し込みするとお申込み情報が信用情報に記録されます。
信用情報は加盟会社同士で共有されているため、借入の審査段階で信用情報を参照すればすぐに分かります。
このお申し込みブラックを避けるにはまずは1社にお申し込みし、審査に落ちてしまったら次の2社目にお申し込みすると言う方法が一番です。
もし2社目に落ちてしまっても1か月3社以上にならないように調整することが大切です。
お申し込みブラックは6か月ほど記録されその後は削除されます。
万が一お申し込みブラックとなってしまった場合は6か月待ち削除されてからお申し込みして下さい。
同じ会社にお申し込みしても社内ブラックとして残っている可能性がありますので変えたほうが良いです。

キャッシングを利用したい時には、まずは会社選びが必要になります。金融会社は、もちろん沢山あります。それらの複数の中から、自分にとって最適と思われる所をどこか1つ選ぶ訳です。ところでキャッシングを利用する際には、毎月の負担はあまり大きくしたくないという要望が生じる事があります。そもそも負担額は、小さい方が良い事も多々あるのです。毎月10万円ずつ返済を続けていくよりも、数千円単位の返済の方が、明らかに楽になるでしょう。ですから会社選びをする時には、返済金額の最低値が1つのポイントになってきます。そもそも金融会社としては、返済する金額の最低値を設定しています。例えばそれが1万円になっているとします。その場合、毎月の返済額は1万円以上にしなければなりません。したがって毎月4,000円や6,000円などの1,000円刻みの金額で、返済を行う事は不可能です。あくまでも1万円が最低値になるからです。それで人によっては、1万円でなく4,000円の方が負担が小さいと思う事もあるのです。やはり毎月の数字があまり大きいと、返済も重たく感じられる事があります。それで最低値は、各会社によって異なるのです。もちろん上記のように1万円が最低値という会社も多いですが、中には数千円や1円単位などの会社もあります。あまり負担を大きくしたくない時は、その最低値を基準に比べてみると良いでしょう。