キャッシングサービスにはいくつもの規制があります

キャッシング業界を震撼させた規制があります。それが総量規制であり、これは年収の三分の一以上の貸し付けを禁止する法律です。ですから、一気にキャッシング業者は貸し付けることができない人が増えた、という経緯があります。また、グレーゾーン金利の返還請求問題もありました。
こうした混乱の時代を乗り越えて、現在の消費者金融業界は生存しているわけです。傾向として、上限金利はどんどん下がっていますし、借りやすくなっているのは確かでした。
ですが、そこが問題になることもあり、規制をしたほうがよいであろう、という論調が生まれ実現したわけです。キャッシングサービスの肝はいつでも即座に借りることができる点にあります。今では即日融資が当たり前になっています。それこそ数十分の審査で済むことも多いです。
無人貸付機などの登場によって、借金をする、という心理的なハードルも下がってしまい社会的な問題になったこともありました。
ですから、総量規制自体はとても有意義ですし、上手く運用されているのは確かです。しかし、消費者金融としては極めて厳しい制限であり、規制であったわけです。
これを乗り切るために銀行などの大手金融機関と提携が流行しました。